FC2ブログ

マイペースな日々

何と無く生活している中でも、新しい発見が有る。 日本に有る美しい四季の移り変わり.... 海外で発見した新鮮な出来事や、体験した事。 何気無い出来事だけど、自分の思い出として残して行く。

TSUNAMI / 津波

■BS-2の映画、前編を見た。
  → http://www3.nhk.or.jp/kaigai/tsunami/

■2004年12月に発生したスマトラ島沖地震および、インド洋大津波の取材と証言を基に描かれたドラマだ。


 
 


■本日放映の前編概要。
2004年12月25日。タイ南部のリゾート地、カオラック・ビーチにあるホテルに、クリスマス休暇でイギリスからやってきた2組の家族が到着。カーター家はイアンと妻のスージー、6歳の娘マーサの3人家族。もう1組のピーボディ家はジェームスと妻のキム、息子のジョンとアダムの4人家族だった。

翌日26日の朝。妻スージーをダイビングに送り出したイアンは、娘のマーサとビーチで遊んでいた。浮き袋を取りに行こうとしたとき、突然、地面が揺れだす。ビーチのほうを振り返ると巨大な波が襲いかかってきていた。イアンはすぐにマーサを抱き上げて逃げ出すが、あっという間に波にのまれてしまう。激流のなか、必死に木につかまるマーサを助けにいこうとしたそのとき、大きな石がイアンの頭に直撃し、イアンは水底へと沈んでいく。ピーボディ家は全員でダイビングに行くはずだったが、ジェームスとジョンは寝坊したため参加せず。2人はビーチで予期せぬ津波に襲われる。

大津波の発生直後。バンコクのイギリス大使館ではクリスマス・パーティーの真っ最中だった。津波の報告を受けたイギリス大使館員トニーは、居合わせた教育支援ボランティアのリーダー、キャシーとともに被災地プーケットへ向かう。新聞記者のニックは同僚のタイ人カメラマン、チャイから連絡を受け、海外メディアとしては現地に一番乗りし、その惨状を目の当たりにする。



■今から約3年前の出来事、今でも先日のように覚えている。
大災害が発生した時、私は何も知らず紀伊半島の上空に居た。
旧名古屋空港から、シンガポールへの出張の途中の災害だった。

■勝手知ったシンガポールの空港でタクシーに乗ったら中国訛りの英語で、タクシーのドライバーが私に訴える。
 ・今朝、スマトラ沖で地震が起きた。
 ・沢山の人々が死んだ。
 ・大きな波が襲った。


■初めは聞き難いチャイニーズ・シングリッシュだったから分からなかったけれど、ホテルに着いて見たNHKの国際放送で甚大な被害の事を知った。 だけど巨大な地震・津波発生当日だったので、あれほどの大きな災害だとは分からなかった。



■そんな津波の怖さと、その時を過ごした家族の切迫したドラマだが、少しだけ身近に感じた私にとっては考えさせられる映画だったが、明日も後編を見たいと思う。
別窓 | 自然 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<TSUNAMI / 津波 Part2 | マイペースな日々 | 秋晴れの3連休>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| マイペースな日々 |