FC2ブログ

マイペースな日々

何と無く生活している中でも、新しい発見が有る。 日本に有る美しい四季の移り変わり.... 海外で発見した新鮮な出来事や、体験した事。 何気無い出来事だけど、自分の思い出として残して行く。

データの引っ越しby XP→Win-7へのデータ移行をしました。

■パソコンの中には個人のデータが沢山有りますが、どのアプリのデータが何処に有るのか/どのファイルなのか知ってる人は少ないけれど、ネツトは便利な物で、調べると多くの知見が集まります。
■今後のために以下を参考にして下さい。
・OE6のメールデータをWin-LIVEにインポートしました。
・フリーソフトの「Vix」「縮小専門」「primoPDF」も新規に取込み動いています。
■後はプリンタや外付けのHDD,DVDドライブのUSBケーブルを入れ替えれば、ほぼ完了かな??
引っ越しソフトも試したけれど、XPの起動ドライブ"C"では無く、何故か"K"ドライブなので市販のソフトでは対応が出来ませんでした。

 

移行の方法は色々あるけれど、容量が小さければUSBメモリでもOKだが、大きなものはLAN設定や外付けHDDを使うのが便利でしょう。

詳しくはネットで検索してインポートや読み取り設定する事をお勧めします。
■基本的にどうして必要なデータは集約してバックアップを取る事が大事ですね。

下に参考になるルートをタイプしました。

※各人の責任で対処してください


引越のための豆知識

自分で作成したファイルは、あちこちに保存せずに、保存するフォルダを決めておくと、引越が楽になります。
多くのソフトが標準の保存場所としている「マイドキュメント」に保存するようにするのが合理的でしょう。インターネット関係の設定やプロバイダ関係の情報など引越後も必要な情報は、別のところに記録しておきたいものです。以下にメールやお気に入りの保存されている場所をまとめました。引越の際の参考にしてください。

標準の保存場所

Windows 7
マイドキュメントC:\Users\ユーザー名\documents

メール

(Windows Live Mail)
(Windows Mail)

C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows Live Mail
アドレス帳C:\Users\ユーザー名\Contacts
お気に入りC:\Users\ユーザー名\Favorites
IMEのユーザー辞書C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\IMJP10\imjp10u.dic
アカウント
ダイヤルアップの設定
インターネット、プロバイダ、ネットワークなどの設定


Windows XP/2000
マイドキュメントC:\Documents and Settings\ユーザー名\My Documents
メールC:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Identities\{ユーザーID}\Microsoft\Outlook Express
アドレス帳C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Microsoft\Address Book\ユーザー名.wab
お気に入りC:\Documents and Settings\ユーザー名\Favorites
IMEのユーザー辞書C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Microsoft\IMJP8_1\imjp81u.dic
アカウント
ダイヤルアップの設定
インターネット、プロバイダ、ネットワークなどの設定








キャプチャ 「primoPDF」で取り込むと便利ですよ!!
各種設定は、メモ帳などのテキストで書きとめておいてもいいですが、設定画面をキャプチャ(画像ファイルとして見えるままの状態で保存)しておくと楽です。
1. 設定画面のウィンドウをアクティブ(一番上で選択されている状態)にする
2. キーボードの[Alt]キーと[PrintScreen]キーを同時に押す
3. [スタート]→[プログラム]→[アクセサリ]→[ペイント]をクリック
ペイントが起動したら[編集]→[貼り付け]でウィンドウの画像が貼り付けられたら[ファイル]→[名前を付けて保存]で、名前を入力して「保存」を押します。
この操作を繰り返し、後でフォルダにまとめておけばいいでしょう。
[PrintScreen]キーだけを押すと、デスクトップ全体をキャプチャすることになるのでご注意を。



ハードディスクが別にある場合
ハードディスクを増設または分割使用していて、別ドライブ(たとえばDドライブ)があるなら、マイドキュメントやメールは、Dドライブに保存されるように設定しておくと、引越する際にカンタンになります。

・マイドキュメント
アイコンを右クリックして[プロパティ]を開き[ターゲット]の[参照]ボタンをクリックしてDドライブに指定します

・メール
Outlook Expressを起動、[ツール]→[オプション]で[メンテナンス]タブを開き、[保存フォルダ]をクリックして保存するフォルダを変更

・IMEのユーザー辞書
IMEのプロパティを開き[辞書/学習]タブから、[参照]をクリックすると保存場所を変更できます。

それぞれあらかじめDドライブにわかりやすい名前でフォルダを作っておくとスムーズに作業できます。他のアプリケーションでも保存場所が設定できる場合は、Dドライブに保存するようにしておくと、万一、Windowsの再インストールが必要になっても、安心です。

別窓 | PC | ∧top | under∨
| マイペースな日々 |