FC2ブログ

マイペースな日々

何と無く生活している中でも、新しい発見が有る。 日本に有る美しい四季の移り変わり.... 海外で発見した新鮮な出来事や、体験した事。 何気無い出来事だけど、自分の思い出として残して行く。

ネット社会に関する一考察

■20年以上前からインターネットが始まる前に、アマチュア無線の電波を使ってパソコン通信をしていましたが、当時は文字だけの通信で画面をスクロールする文字が読めました。
その後1200bpsから9600bpsの速度になり、当時としては驚きを覚えました。

■9600bpsと言っても、半二重なので4800bpsとなり4.8Kbpsですから、現在主流のADSLや光ケーブルなどの高速ブロードバンドとは比較になりません。
そんなネットの黎明期から、少しだけ関わった私・・・

■その後、自作のPCで始めたインターネットも一時期は、電話代だけで2万円超。
ISDNになって少し安くなり、通信環境も整い現在はADSLの47Mbpsです。
常時接続可能になって、家庭内には無線LAN環境になりました。

■最近は動画も不自由無く見られるようになり、ネットで色々な商品も買える時代になったけれど、その弊害も少しずつ見え隠れしています。
人や商品に直に触れることも無く、ネットを悪用した被害も増殖中。

■情報の収集には便利だけど、所詮は仮想空間って事を忘れちゃ駄目ですね。
ネットの世界だけが本当に正解では無く、色々な選択肢の一つと考えないと間違った判断をしますから、使い方は個人の責任って訳なんでしょう。

   ↓ネット社会とは関係無いけど、会社の仲間からこんな情報が届きました♪
●きょうくん・ことば    エーリヒ・フロム 
 ・人生の意味はひとつしかない。
  生きるという行為…それ自体なのです。

 ・愛は、人と人を結びつける力なのです。

 ・たくさん持っている人が豊かなのではなく、
  たくさん与える人が一番豊かなのです。

 ・愛は「自由の子」なのであり、決して「支配の子」ではありません。

 ・誰かを愛するというのは、たんなる激しい感情などではないのです。
  それは決意であり、決断であり、そして約束なのです。

 ・自分自身を信じている者だけが、他人にたいして誠実になれるのです。

 ・愛は能動的な活動であり、受動的な感情ではない

 ・愛とは、孤独な人間が孤独を癒そうとする営みであり、愛こそが現実の
  社会生活の中で、より幸福に生きるための最高の技術である。

 ・愛は自分自身の愛する能力にもとづいて、愛する人の成長と幸福を
  積極的に求めることである。

 ・幼稚な愛は「愛されているから愛する」という原則にしたがう。
  成熟した愛は「愛するから愛される」という原則にしたがう。

 ・たいていの人は愛の問題を、「愛する」という問題、 愛する能力の
  問題としてではなく、「愛される」という問題として捉えている。

 ・弱い希望しか持たない人の落ち着くところは太平楽か暴力である。
  強い希望を持つ人は新しい生命のあらゆる徴候を見つけて、
  それを大切に守り、まさに生まれようとするものの誕生を助けようと、
  いつでも準備をととのえている。


   090709-Ham-Net
     ↑ 1997年当時のアマチュア無線によるデータ通信♪
別窓 | Int-net | ∧top | under∨
| マイペースな日々 |