FC2ブログ

マイペースな日々

何と無く生活している中でも、新しい発見が有る。 日本に有る美しい四季の移り変わり.... 海外で発見した新鮮な出来事や、体験した事。 何気無い出来事だけど、自分の思い出として残して行く。

移動通信

060920-HH
↑ 上海で携帯電話の販売キャンペーンを見ました♪


■今でこそ一般的になった携帯電話だが、まだ歴史は浅い。
某雑誌に書いてあったが、1979年に自動車に電話が付けられるようになったけれど、とても高価で一般庶民には手の届かないものだった。 その代わりにカーショップでは自動車電話のアンテナに見せたダミーが良く売れていたようだ。


■その後A4サイズのパソコンが入るような大きさの『ショルダーホン』が発売されたのは、1985年で無線仲間が持っているのを一度見たけれど、多分この移動電話が現在の携帯電話の始まりだろう。
当時の呼び方で移動電話と言っても、基本は無線機+バッテリーに受話器が付いた物で、現在のように津々浦々に中継のアンテナが無いから通話可能な範囲も限られていたようだ。


■エヌ・ティー・ティー・ドコモって会社が有る。
1992年頃にNTTの移動通信事業部門から独立して、紆余曲折しながら社名が変わった会社だが、NTT-DOCOMOのドコモ』には意味が有るらしい


Do Comunication Over The Mobile Network
(移動通信網で実現する積極的で豊かなコミュニケーション)から来ているらしいが、
どここどもでも使える携帯電話って意味じゃ無い(-_*)\ペち


■急速に進んだ移動通信の道具として、携帯電話は電話の配線がままならない海外では必須の道具だが、日本みたいに新規で1円なんて商売は海外では無いようだ。
本体が現地の価格で2~3万円するから、新人の給料で1~2ヶ月に相当するし、電話を受け取った方にも電話代が課金されるので、電話は余り使わずもっぱら携帯のメールだけをフルに使っているようだ。


■便利になった道具だけれど、今から10年ほど前には携帯電話なんてのは一般的じゃ無かったし、無くても何の不便も感じなかった。 今では私も一応携帯電話は持っているけれど、持っているだけでほとんど使用する事も無い。 そんなデジタル・デハイドの世代かも!?


■ちなみに、我が家のキャリアは別の会社だ (-_*)\ペち
もうすぐ始まる、ナンバーポタビリティー。 キャリアを変えようかなぁ・・
でも余り使わないから、別にいいか ((((((^_^;)

別窓 | 何と無く・・ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| マイペースな日々 |